迷惑メールフィルタ機能

配送されるメールの「迷惑メール度合い」を判定し、迷惑メールがお客さまに届かないように隔離するサービスです。これを利用することで、迷惑メールの受信数を減らす効果が期待できます。

迷惑メールの例

  • 嫌がらせメール
  • 詐欺目的のメール
  • 商品の売り込み
  • 怪しい団体への勧誘メール
  • 出会い系/アダルトサイトの案内メール

迷惑メールフィルタ機能のイメージ

迷惑メールフィルタ機能のイメージ

迷惑メールの隔離先

迷惑メールフィルタ機能で迷惑メールと判定されたメールはWebメールの迷惑メールフォルダで確認ができます。

迷惑メールフォルダに保存されている期間は2週間で、経過後は自動的に削除されます。

隔離レポート について

迷惑メールフィルタ機能で迷惑メールと判定され、迷惑メールフォルダに入っているメールがある場合、お客さまにレポートメールでお知らせします。

隔離レポートの配信は一日一回で、新たに隔離されたメールが無い場合は配送されません。

迷惑メールフィルタの設定

下記の設定ができます。

  • 迷惑メールチェックの『有効』『無効』
  • 迷惑メール隔離の『有効』『無効』
  • 隔離レポート送信の『有効』『無効』
  • 隔離レベルの『高』『低』

迷惑メールフィルタの設定については、迷惑メール管理をご覧ください。