ルータの設定

ルータの設定は、機種によって異なります。 よってここでは、大まかな設定の流れとポイントをご案内します。設定する際は、ご利用の機器の取扱説明書とあわせてご確認ください。

配線/設置

ルータの取扱説明書をご覧ください。

OSのネットワーク設定

OSのネットワーク設定を行います。

ルータの設定

動作モード設定

ルータにより動作モードの名称や設定方法は異なります。

管理画面で切り替えをするタイプ、ルータ本体のスイッチで切り替えをするタイプ、あるいは接続方法により自動認識されるタイプがあります。

ルータモード

他のルータを利用しない場合

ブリッジモード/アクセスポイントモード

ひかり電話対応ルータ/ホームゲートウェイやADSLモデム内蔵ルータなどの他のルータがあり、それらの機器にインターネット接続設定を行う場合

ローカルルータモード

インターネット接続を行わないルータとして動作させる場合

  • ※ ふれあいプラン/Enjoy ふれあいコースをご利用の場合は、ローカルルータモードで設定を行ってください。

管理画面へのログイン方法

Internet Explorer や Safari などのWeb ブラウザを起動し、アドレスバーにルータのアドレスを入力します。アドレスはご利用の機器の取扱説明書をご確認ください。

機器のIPアドレスの一例
提供元 品名 機器のIPアドレス
NTT東日本/西日本 ひかり電話対応ルーター/ホームゲートウェイ 192.168.1.1
光ポータブル PWR-100/PWR-Q200 192.168.11.1
ADSLモデム-NVシリーズ/SVシリーズ/MNV/MV 192.168.1.1
Web Caster シリーズ(一部機種を除く) 192.168.1.1
BUFFALO Airstation(ルータモード) 192.168.11.1
Airstation(ブリッジモード※1 192.168.100.1
Broadstation
  • 192.168.11.1
  • 192.168.12.1
ポータブルWi-Fiルータ 192.168.13.1
NECプラットフォームズ WARPSTAR(PPPoEルータモード) 192.168.0.1
WARPSTAR(ローカルルータモード) 192.168.1.1
WARPSTAR(アクセスポイントモード※2
  • *.*.*.210
  • *.*.*.211
  • ※1 ブリッジモードでは、一時的にルータモードに切り替えをしたり、パソコンのIPアドレスを手動で192.168.100.2などにしたりしないと、管理画面にアクセスできません。
  • ※2 アクセスポイントモードでは、別途ルータ(DHCPサーバ)が割り当てるIPアドレス範囲のうち、第4セグメントを210あるいは211とします。

アドレスバー

次へ

ログインする際にルータ管理者の「ユーザー名」「パスワード」の入力画面が表示されます。機器によっては、初回設定時に機器設定用パスワードなどを入力する画面が表示されます。

Windows セキュリティ

機種ごとの設定方法

WiMAX 2+

Xi(クロッシィ) / FOMA