• TOP
  • 電話リレーサービス料

電話リレーサービス制度

電話リレーサービスとは

聴覚や発話に困難のある方と支障のない方との会話を、通訳オペレーターが「手話や文字」から「音声」に、「音声」から「手話や文字」に通訳して電話をつなぐサービスです。

「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律」(以下法令)に基づき、公共インフラとして2021年7月1日に開始されます。

電話リレーサービスは、総務大臣による指定を受けた電話リレーサービス提供機関※1が提供します。

※1 一般財団法人日本財団電話リレーサービスになります。詳細はこちらをご覧ください。

電話リレーサービスの制度について

電話リレーサービスの提供に必要な費用を、固定電話・携帯電話・IP電話などの電話サービスを提供する、弊社を含めた電話提供事業者が電話番号数に応じて負担する制度です。

電話提供事業者から拠出された負担金は、電話リレーサービス支援機関※2を通じ電話リレーサービス提供機関に交付金として交付されます。

※2 一般社団法人電気通信事業者協会になります。総務大臣による指定を受けた電話リレーサービス支援機関です。
詳細はこちらをご覧ください。

電話リレーサービス料ついて

エディオンネットでは、下記電話サービスのプラン/オプションをご利用いただいているお客さまに対して、電話リレーサービス料としてご利用の電話番号数に応じ、ご負担をお願いすることになりました。ご負担いただいた電話リレーサービス料は、電話リレーサービス支援機関に支払われます。

対象となるプラン/オプション
・WiMAX +5Gプラン・WiMAX 2+プラン・YM4G+プラン・EM4Gプラン・EM-LTEプラン
・エディオンネット IoTパック・基本パック(光電話をご契約)
・エンジョイIPフォン

2021年度の1電話番号あたりの電話リレーサービス料は以下の通りです。

・2021年7月~2022年1月:月額1円
・2022年2月~2022年3月:月額0円

電話リレーサービス料は1年に1度見直しが行われ変更になる場合があります。
詳しくは、一般社団法人電気通信事業者協会のホームページでご確認ください。

電話リレーサービス制度へのご理解とご協力をお願い申し上げます。

プライバシーポリシー