IPoE対応プランタイトル

快適にインターネットをご利用いただくため、IPoE方式のインターネット接続プランを提供します。通信の混雑の影響が少なく、高画質の動画再生やオンラインゲーム、リモートワークやオンライン授業など、いつでも快適にインターネットがご利用いただけます。

IPoEとは
通信設備の大容量化とIPv6通信に対応した、フレッツ光・コラボ光のインターネット接続方式です。従来の[PPPoE]接続で、混雑の主な原因となっていた[網終端装置]を経由せずインターネットへ接続されるため、安定した高速通信がご利用いただけます。[IPoE]は[IPv6]での通信となりますが、[IPv4 over IPv6]という仕組みで、従来の[IPv4]での通信もご利用いただけます。
IPoE接続とPPPoEの違い
IPoE対応プラン
エディオンネット 基本パック
エディオンネット IoTパック
・・・NTT東西の「フレッツ光」卸サービス「コラボ光」とエディオンネットのプロバイダーサービスがセットになったプランです。
 
ドコモ光コラボプラン・・・・・・ドコモ光の「ドコモ光(タイプA)」対応したプロバイダーサービスのプランです。
 
フレッツプラン光・・・・・・・NTT東西の「フレッツ光」に対応したプロバイダーサービスのプランです。
必要機器
IPoE(OCNバーチャルコネクト)に対応した機器が必要です。詳しくはこちらをご覧ください
接続設定
機器へのID・パスワードの設定は不要です。詳しくはこちらをご覧ください
利用料金
各プランに準じた料金になります。[IPoE接続機能]による追加料金はかかりません。
プラン変更手続き
オンラインでの手続きとなります。詳しくはこちらをご覧ください
注意事項

IPoE接続では次のサービスはご利用いただけません。

  • ・IP電話(エンジョイIPフォンをご契約中の場合は自動的に解約となります)
  • ・特定のプロトコル(PPTP、SCTP)を利用するサービス
  • ・オンラインゲーム等の特定のポートを利用するサービス
  • ・IPv4グローバルアドレスを共有するネットワークでは利用できないサービス

PPPoE対応プランからの切り替えについて。

エディオンネット側でIPoE対応プランの申込受付後、一定期間経過後にPPPoEの接続機能を利用停止します。以降、PPPoE接続の利用は出来ません。

IPoE接続とPPPoE接続は併用できません。


「ドコモ光コラボプラン」「フレッツプラン光」でご利用の場合。

光回線のお客様情報「お客さまID(CAFまたはCOPで始まるもの)」と「アクセスキー」が必要です。

エディオンネットの「お客様ID」等とは別のものです。
光回線のご契約先より郵送で通知された書類等に記載されています。

下記に該当する場合は、所定のお手続きが必要です。手続き完了までIPoEの接続が出来ません。

転居等で、光回線のお客様ID(CAFまたはCOPで始まるもの)が変更になった場合手続きのページ
機器の種類を変更された場合ホームゲートウェイ市販ルーター
市販ルーターホームゲートウェイ

IPoE接続は、通信速度の向上を保証するものではございません。